しまはらデンタルクリニック(神戸市東灘区住吉)口腔外科

親知らずの抜歯などお口の中の外科処置に関することは何でもご相談ください。

しまはらデンタルクリニック(神戸市東灘区住吉)院長
院長からのメッセージ

口腔外科というとまだまだ馴染みのない方も多いのではないかと思います。
口腔外科では基本的にお口の中のトラブル全般がその対象になります。
例えば、親知らずや埋まっている歯の抜歯、できものの切除、お口の中のケガの治療、歯が原因の感染症の治療、口腔癌の診断、顎関節症の治療などです。

顎がはずれた時の整復も口腔外科で行います。また、血がサラサラになるお薬を飲まれている方の歯科治療や外科処置もそのほとんどが対応可能です。
対応できない重症例や難症例は速やかに大学病院や総合病院の口腔外科を紹介させていただきます。
当院では大学病院の口腔外科と連携をとりながら治療を行っておりますので、どのような症状の場合でもご安心ください。

親知らずの抜歯といっても、簡単なものからかなり難しいものまでいろいろあります。はれる、くちびるの周りが一時的にしびれるなど抜歯後にはいろいろな症状がでることがあります。
当院では抜歯の方法、抜歯後の症状などを細かく説明したあとに経験豊富な歯科医が抜歯を行います。

2) お口の中にできた小さい腫瘍(できもの)の切除

くちびる、舌、うわあご、ほっぺ、歯茎などお口の中にできた小さい腫瘍(できもの)はほとんどが当院で切除することが可能です。切除したものは病理検査を行い、確定診断をつけます。

3) お口の中のケガの治療

「歯をぶつけてぐらぐらする」「くちびる、舌、ほっぺを切って血が止まらない」などの外傷の処置(歯の固定、縫合など)を行います。

4) 歯性感染症の治療

虫歯や歯周病の細菌が原因で歯茎や顎が熱をもってはれることがあります。糖尿病などの基礎疾患をお持ちの方はひどくなる場合があります。通常は抗生剤の内服を数日間行います。歯茎に膿がたまってきた時は切って膿を出す処置を行います。

5) 膿の袋の摘出

神経を抜いた歯の根の先端には膿の袋ができることがあります。放置しておくとどんどん大きくなって周りの骨をとかします。はやく治療を始めると、ほとんどの場合が歯を抜かずに膿の袋だけを取り除くことが可能になります。

6) 顎関節症の治療

「あごがガクガクする」「口を動かすと音がする」「口を開けると痛い」「ものをかむとあごが痛い」などは顎関節症の症状です。通常はスプリント療法(マウスピース)が治療の主体になりますが、筋肉痛など痛みがひどい場合は鎮痛薬や筋弛緩薬を使うこともあります。

7) 口腔癌検診

舌癌に代表される口腔癌は早期発見、早期治療が非常に大切です。口腔癌は他の臓器の癌のようにその発見に大がかりな検査は必要なく、癌治療の経験のある歯科医が検診すれば早期発見が可能になります。神経質になる必要は全くありませんが、「口内炎がなかなか治らない」「舌が痛い」「できものが大きくなってきた」などお口の中に症状がある方は一度検診を受けられることをおすすめします。

口腔外科担当 院長まで

ページトップへ

しまはらデンタルクリニック(神戸市東灘区住吉)へのお問い合わせ