一般歯科

虫歯の治療法についてご紹介します。

治療方法の説明
1) 浅い虫歯

黒くなったり、やわらかくなったりした部分だけを削って、コンポジットレンジという白いプラスチックをつめます。浅くても虫歯が大きい場合は被せ物が必要になることがあります。


2) 深い虫歯 (神経まで進行した虫歯)

細菌に感染した神経の処置が必要になります。神経の治療後に被せ物をつくります。最短でも数回の通院が必要になります。


3) さらに深い虫歯 (根まで進行した虫歯)

根っこまで虫歯が進行すると差し歯などにすることが不可能になり、歯を抜いてしまわなければならなくなります。


このように虫歯の進行程度により治療法は全くことなります。痛くなってから気がつく虫歯はたいてい深い虫歯で治療も複雑になります。逆に初期の虫歯の治療は簡単ですが、自覚症状がないため見逃されやすくなります。
虫歯の早期発見のためにも当院での定期的な検診をおすすめします。


歯周病について

歯周病は痛みなど自覚症状がほとんどなく静かに進行していくお口の中の怖い病気です。ご自身で気がついた時には歯周病が進行している場合が多く、歯を支えている骨がやせてしまって歯がグラグラしてきます。こうなってからでは遅く一度やせた骨は元通りにはならず、場合によっては歯を抜いてしまわなければいけません。そうなる前に治療を始めましょう。


歯周病予防には・・・
定期的な歯石の除去と毎日の正しいブラッシングが重要です。
★定期検診や日常の予防法についてお気軽にお問合せください。

ページトップへ

しまはらデンタルクリニック(神戸市東灘区住吉)へのお問い合わせ