小児歯科

治療はママさん歯医者である副院長が行います。

小さいお子様の治療
副院長からのメッセージ

小さいお子様にとって歯科治療は慣れるまでとても怖いものです。
『泣くから』、『あばれるから』といって押さえつけたりして強制的に行う治療は時間の短縮にはなりますが、お子様の恐怖心をさらに強いものにしてしまいます。
応急処置が必要な場合を除き、当院では遊んだりお話したりしてお子様が慣れてから治療を行うように心がけております。
恐怖心の強いお子様では治療までに数回かかることもありますが、信頼関係ができればその後の治療はスムーズにすすみます。

「私も女児を持つ母親としてお母さんと同じ気持ちでお子さんに接しています。
歯に関するご相談はもちろん、子育てのさまざまな悩みをご一緒に考えていけたらと思います」


お子様の歯のことで気になることはお気軽にご相談下さい。
小児歯科担当 副院長まで

お子様とのコミュニケーション

副院長自らが、折り紙を折ったり、お絵かきしたり、歯磨きに興味が湧く本や映像をみたり…。
治療をスムーズにするために、治療中にDVDでアニメーションを見たり、ぬいぐるみで楽しくコンタクトをとったりするなどお子様がリラックスできるように工夫しています。


お子様とのコミュニケーション
小さいお子様のお口の中によくみられる症状
1) 虫歯
2) 歯肉炎
3) ケガ(歯がぐらぐらする、舌や歯茎を切ったなど)
4) 歯のはえかわりの異常
(乳歯が抜けない、永久歯がはえてこない)
5) かみ合わせがおかしい
(歯並びが悪い、反対咬合など)
小さいお子様の虫歯の特徴

乳歯は永久歯に比べて歯質全体が弱いため虫歯になりやすく、虫歯になると進行が速いのが特徴です。これは生えてすぐの永久歯にもいえることです。虫歯に最もなりやすいのは歯が生えてから2~3年の間であると言われています。
虫歯になりにくくするために当院では

1) 定期的なフッ素の塗布
2) シーラント充填(歯の溝をフッ素が入った材料で
封鎖して虫歯になりにくくする方法)
3) 食生活指導(おやつの取り方など)
4) ブラッシング指導

などを行っております。

虫歯の早期発見のために定期検診をおこないましょう。
フッ素の塗布 ¥700 (消費税込)

ページトップへ

しまはらデンタルクリニック(神戸市東灘区住吉)へのお問い合わせ