審美歯科

審美歯科2

■オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは生体親和性の高い、体に優しいセラミック材を使用した冠(クラウン)です。
当院で使用しているオールセラミッククラウンはプロセラ、ゼノスター、e-max、エンジェルクラウンなどがあります。

 

■ラミネートベニア

ラミネートベニアは歯の表面を薄く削って、セラミックの薄いプレートを貼り付ける治療法です。 歯の色・すきっ歯・歯の形などが気になる方に多く利用する方法です。治療回数も少なくてすみ、とても美しく自然に 仕上げることができます。

 

・プロセラ(ジルコニアフレーム)


ジルコニアブロックから削り出されたコーピングの上にポーセレンも盛り上げたクラウンです。 色・形に優れ、長期間変色せず美しさが続きます。透明感を再現することができ、より天然歯に近い自然な仕上がりを 期待できます。

 

・e-max


二ケイ酸リチウムガラスを主成分としたセラミック材料です。プロセラよりも安価で、適度な強度と透明感があります。 しかし、プロセラほど複雑な色付けはできません。
当院では小臼歯(前歯と奥歯の間の歯)や前歯のラミネートベニアに使用しています。

 

・ゼノスター


ゼノスタークラウンは、クラウン全体をジルコニアで修復するオールセラミッククラウンです。
強度に不安を感じる奥歯にも安心して使用することができます。ゼノスターは咬合面(かみ合わせ面)も強度の高いジルコニアを 使用しているので、割れる心配がほとんどありません。また、メタルボンドクラウンに比べ安価に作ることができます。 しかし、ジルコニアは強度は強いものの、細かい色合いを出すことが難しいため、前歯に使用するには審美性という点で 難があります。当院では主に大臼歯(奥歯2本)に使用しています。

審美歯科3
転倒して前歯2本が欠けたので、
プラスチックの詰め物で応急処置しました。
色が気になる保険のかぶせ物といっしょに
3本をオールセラミックで治療しました。

 

審美歯科1へ戻る

ページトップへ

しまはらデンタルクリニック(神戸市東灘区住吉)へのお問い合わせ